ミッション

サッカー、陸上競技、運動能力向上(コーディネーション)教室、大人の健康運動教室があります。基礎体力、運動能力、健康の向上はもちろんのこと、子供の「心」のサポートもしていきます。思いやり、やる気、競争心、友達との関わり、ルールの意味など、人の痛みをわかる事の出来る、いわゆる「情操教育」をおこないます。

missionミッション
  • Sports – 運動・スポーツ
  • Culture – 文化・教育
  • Development – 発展・発達

スポーツから学ぶことの出来る「礼儀・常識・知恵」を同時に指導すると共に、スポーツを真剣に取り組むことにより、「人を励ます力」「人を許す力」「人を愛する力」等の情操教育もおこない、スポーツを通して世界に向けた人材育成、人格形成、社会貢献に取り組んでいきます。ここで培われた人間力をもとに、広く豊かな考え方を身につけてほしいという願いがあります。

昨今、子供たちの体力低下や運動能力低下が社会の大きな問題として取り上げられています。こうした状況ではスポーツに対する価値観が「スポーツのできる子」と「スポーツの苦手な子」とで二極化されます。これでは、誰もが有する「スポーツを楽しむ」権利が失われてしまい、非常に残念なことだと思います。

そこで、誰もがスポーツを楽しめるようになるトレーニングが必要ではないでしょうか。スポーツをより楽しくするためには、「自分の身体を知る」、「今よりも身体が動くようになる」といった自己能力の開発がもっとも重要です。自己の身体能力の向上を目指したトレーニングを通じて、他人と比較ではなく、自分自身との比較をしながらスポーツをすることがもっともっと楽しくなるように指導をしたいと思います。

また、SCDは「健康」にも着目しています。規則的な運動は、健康においても大変重要なことです。子供の場合には、遊びにより体力、集中力、運動能力等が向上します。しかし現在テレビゲームなどの普及により、屋外で遊ぶ子供が減少しています。そのため、体力低下は勿論の事、子供でありながら子供らしさを失い、非健康体になり、心と体のバランスまでも失われています。

高齢者においては、運動能力の低下、免疫力を失ってしまうのは、高齢化したという理由からだけではありません。むしろ多くの場合は、運動を行わなくなったことが原因です。運動を行わなければ、筋力、持久力、バランス感覚、柔軟性が低下し、日々の身体活動に影響がでます。それと共に、健康にも影響を及ぼします。血液の上昇、骨粗鬆症、糖尿病、心筋梗塞、骨格筋の代謝悪化などを引き起こします。

このような、生活習慣病を防ぐ為にも、現代社会での運動の大切さ、必要さを理解していただき、多くのみなさまに「場所」を提供し、共に楽しく体を動かす事が出来ればと思っています。

もっと詳しく